株投資漫画インベスターZ

株や投資に興味ある方やそうでない人でも株についてよく解る漫画として三田紀房さんのインベスターZがあります。三田紀房は「ドラゴン桜」などでも有名な方で、このインベスターZで株のことがよくわかりますよ。

小松ストアと海外株ではどちらが入手しやすいか

小松ストアは以前ジャスダック市場に上場をしていましたが、流動性の問題があり上場廃止になってしまいました。
上場廃止と聞くと不祥事を起こした場合であったり、倒産をしてしまったりした場合をイメージする人も多いことでしょうが、流動性に問題がある株というのも上場廃止の理由となってしまいます。

株式市場に上場をする意味というのは、企業が資金調達を行い易くするという理由もありますが、株を自由に売買することができるようにするという理由もあり、売買する人がいなければ上場をしている意味が無いということで廃止になってしまうことがあります。
そのため、小松ストアは企業として問題があったわけではありませんが上場廃止になってしまったのです。
それによって、小松ストアの株がほしいと思った時であっても、入手をする手段というのが限られてしまい実質不可能と言える状態となっています。

それに対して海外の銘柄というのは、文字通り海の向こうの話であることから小松ストアの株を購入するよりも難しそうに思えるかもしれませんが、上場している銘柄であれば海外といっても購入をすることはそれほど難しいものではありません。
最近では海外の市場というのも注目をあつめるようになってきたので、海外の株式市場にも投資をすることができる証券会社が増えてきているため、そのような証券会社を利用することによって海外の銘柄であっても購入をすることができるのです。
小松ストアの株を購入するためには、売ってくれる人を見つけるところから始めなければなりませんが海外の上場企業であれば、国内の証券会社を通じて株を購入することができるので、小松ストアよりも容易に購入をすることができるのです。