株投資漫画インベスターZ

株や投資に興味ある方やそうでない人でも株についてよく解る漫画として三田紀房さんのインベスターZがあります。三田紀房は「ドラゴン桜」などでも有名な方で、このインベスターZで株のことがよくわかりますよ。

好業績クラレの株式配当

クラレは化学メーカーであり、樹脂製品を強みとしてプラスチック、繊維、ケミカル製品などの生産に力を入れ、さらに医療分野や自動車部品などの分野にも幅広く展開する企業です。
クラレは5000億円を超える売り上げの大企業で、財務内容がよく直近での利益も伸ばしており財務内容に優れた企業と言えます。
有利子負債が590億円でありながら、企業の内部留保ともいえる利益剰余金は2700億円を超えており、実質的な無借金経営企業です。
クラレは2.54%配当を実施しており、年間配当40円ほどの予想を立てています。
株価は、2016年の1月8日の終値で1382円とここ1年間の推移として安値であり、業績から判断しても現在が仕込みの時期とも言えるのかもしれません。
ただ、チャートを中長期で見た場合、この銘柄は価格が大きく乱高下しており、2008年の580円を底に1500円台から1600円台の上値を持ち、高値を付けるとある程度株価を下げ、さらにリバウンドするという相場展開となっていますので、買いのタイミングには注意が必要です。
しかしながら、インカムゲインを目的とした投資を行うのであれば、それほど価格のみにこだわる必要がないとも言えます。
もちろん、株価が低い時に購入できればよいのでしょうが、株価が低い原因が業績悪化もしくは相場全体が低いことであるため、安く購入したつもりが、さらに株価の下落となることもあるため、ピンポイントで安値で購入することは非常に難しく、テクニックが必要となります。
株価に関わらず、株数が変わらなければ、配当は持ち株数に応じて支払われます。
配当の良いクラレの場合、長期でインカム収入が得られますので、配当収入を考えれば1000円から1500円の間でどのタイミングで購入してもプラスとなるでしょう。